【丸わかりガイド】おすすめ投資信託や証券会社選び専科

電卓

取り扱う商品が異なる

男性

手数料安さはネット証券

投資信託は証券会社を通じて購入する商品です。証券会社によって扱っている投資信託も異なりますので商品に興味を持っている場合にはその商品を扱っている投資信託会社を選ぶ必要があります。商品に特にこだわりがないのであればまず比較対象になるのが手数料です。投資信託を持つだけで手数料が発生します。店舗型証券会社であれば営業マンが顧客の相談に乗るケースが多いため、手数料は割高になります。しかし最近流行のネット証券は人件費コストが抑えられるため、手数料を安くて提供できるメリットがあります。一概に比較はできませんが、投資信託を選ぶ判断力や商品知識がある程度ある場合にはネット証券がおすすめですが、入りやすい面で見ると初心者もネット証券がオススメといえます。

ネット証券に軍配

投資信託の運用会社は販売会社と連携しているケースが多く、様々な証券会社が販売している投資信託商品があります。この場合ほとんどが独占販売のためほかの証券会社にて販売されることはほとんどありません。しかし、多くの投資家から資金を調達する必要がある性質上、ある程度大手の証券会社での販売を許可しているケースがほとんどです。しかしこの場合、他社販売の手数料が付加されるため他の商品と比較して手数料が割高なケースがあります。商品自体は販売、運用の製販一体を取っているため安心できる商材になっているのが特徴です。ネット証券でノーロードとして売り出しているのも同様に多くの投資家からの資金を集める目的を主としているため手数料マージンをなくして比較で軍配が上がるように設計された商品です。